交通・アクセス
086-238-9802

ウェブクリエイティブブログ

Blog

2020/03/25
時間にも場所にもとらわれないご依頼の話

ウェブクリエイティブでは、他社で断られたホームページのメンテナンスやシステムの保守運用のご相談をいただくことが多いのですが、県外からのお問い合わせも年々増えています。

コロナ対策の影響か、働き方改革の意識の高まりも相まってのものなのか、以前は「対面での打ち合わせ」を重要視されていたお客さまも、ネットでの打ち合わせに対し抵抗感が薄れてきた感があります。

使うツールは主に「チャットワーク」「Skype」「LINE」などですが(メールや電話じゃないのですよね)実際に使ってみると時間も交通費も大幅に抑えられるし、電話のみでのやり取りに比べ、安心感が違う、対面での打ち合わせと変わらないと仰るお客さまがほとんどです。

実際のところ、県外からのご相談が多いのはホームページではなくWEBシステム案件です。他社で断られているからネットで探してこられているわけですが、一度も面会なしに仕事を完結できた事例・実績が数多くあります。過去にはニューヨークからの依頼も!不思議とそのようなお客様とは長続きしているので、これから先、近場・対面にこだわる必要はだんだんとなくなっていくのではないかと思っています。

今回は「時間にも場所にもとらわれないご依頼の話」でしたが、Telework(テレワーク)について弊社はもう一歩進めて新しい取り組みに挑戦しようと考えています。

社内的には、自宅・サテライトオフィスでの勤務は当然のこととして環境を整えていますが、今年の年末には、社内実験として海外でのワーケーションにトライします。まずはHawaiiからの予定です。

2020/03/10
WEB顧問サービスとは
WEB顧問®

WEB顧問®

ウェブクリエイティブでは、Web顧問®が10数社(2020/3月現在)の契約企業様をアシストしています。

顧問先の業種・事業規模は、学校法人、公益法人、中小企業(製造業・教育産業・サービス業)など幅広く、また社内に経験豊富なライターが在籍しているため、コンテンツの作成やオウンドメディアの運用などもお引き受けしています。

メンテナンス契約との違いは、単にテキストや画像の入れ替え等のメンテナンスをするのではなく

Web顧問®契約の特長

・顧問として経営目線から見たIT活用やデータ解析の知識が不可欠ですが、何よりもお得だと思うのは、コンサルティングが中心ではなく「制作」が顧問料金に含まれていること。

・IT、WEBの世界で数多くの経験を積んできたベテランスタッフが直接担当しますので、相談したいとき、問題が起こった時に素早く的確な対応ができること。

・コンテンツは、社史や書籍などの記事や原稿、取材や編集、校正・校閲など、関連する業務に幅広く携わるライターが担当します。(必要に応じて、英語への翻訳業務も対応可)

・補助金、支援制度のご案内やサポート、SDGs経営導入支援

・他社で断られたシステムや、他社が開発したシステムの保守・運用もお任せください。


チャットやネット会議だけでのサポートとは違います。実働型(顧問が実際に手を動かします)のスタイルです。ぜひお試しください。

2020/03/04
2月28日より弊社ホームページのリニューアル作業を行っております。
ウェブクリエイティブWEB

ウェブクリエイティブWEB

2月28日より弊社ホームページのリニューアル作業を行っております。

自社のホームページを制作したり、メンテナンスを行うのは新入社員の仕事として、当社の恒例行事となっています。28日から始めたデータの入れ替え作業ですが、未だにあちこちに不備があり、せっかくご来訪いただいた皆様方にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。


WEBクリエイターとして入社してきている彼らですが、ホームページはただ美しくカッコよく作成できれば良いのではありませんから、「チームコミュニケーション」「営業経験はなくとも、WEBから集客につなげるにはどうするか」「ホームページのメンテナンス性を高めるにはどうすればよいか」など、たくさんの課題に対し、一つずつ確実に取り組んでもらっています。

完成までもうすぐです。





 

2020/02/14
弊社オフィスにてプロカメラマンによる撮影会を行いました
ウェブクリエイティブ集合写真

ウェブクリエイティブ集合写真

先日、弊社オフィスにてプロカメラマンによる社員の集合写真&プロフィール撮影会を行いました。撮影した写真は、名刺や会社のホームページに使用します。

4月に新入社員として2名入社、その他インターンの学生さんが(写ってない学生さんを含め)3名と、全体で並んでみると前回に比べて結構な人数になってきました。

弊社にはたくさんの学生さんが見学に来てくれます。WEB・ネット系の仕事に興味はあるけど、実際の制作現場を見てみたい、具体的な仕事内容を知りたい、何から勉強するべきかなど、学生さんの興味や疑問は様々ですが、一旦学生さんの「見たい・知りたい」という気持ちを受け入れるのがわが社の方針だからです。

学生さんに「実際に行ってみたくなるほど」興味をもってもらうためには、写真の種類の多さは大切だと思っていて、個人・集合写真だけでなく「仕事の相談をしている写真」「オリジナルキャラクターの写真」「オフィスのインテリア」など、幅広く社内の写真を撮ってもらうようにしています。

2019/12/27
経済産業省より「IT情報処理支援機関」として認定されました

先日、経済産業省より

・ITツールに関する専門的な知識・経験・実績を有していること
・3年以上のソフトウェア又はクラウドサービスの提供実績
・10者以上の中小企業への提供実績を有していること

などの実績が認められ「情報処理支援機関」として認定証を授与されました。

同時に弊社スタッフが情報処理技術者試験にも合格し、嬉しいことが続いているわが社。

弊社では、社員それぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる「働き方改革」のあり方として「自分の働き方は自分で決定する」方式をとっていますが、時間の使い方を工夫し、資格取得やキャリアアップにつなげようとする社員の姿勢が、少しずつですが形に現れ始めました。