Blog

ウェブクリエイティブブログ

2019/08/06
岡山理科大学情報科学科にて弊社が講義を担当させていただきました。


7月17日、岡山理科大学情報科学科の約120名の学生さんを対象に「情報と職業」講義を担当させていただきました。
学生さんが、就職先や職業、職種の違いなどの情報収集をする上で、Webシステム開発やWeb制作会社の仕事内容を、制作会社の立場から具体的に伝えることが目的です。

講義の内容は

1.Web制作会社の仕事
2.Webシステムとは?
3. Web制作の技術と開発
4. OPEN WEB FACTORY(Webプログラマー養成スクール)

についてお話しましたが、昨年、一昨年に続き今年もこのような機会をいただき、毎回弊社にとっても新しい学びや気付きがあります。

大西名誉教授と、弊社の講義を聴いてくださった皆様に厚くお礼申し上げます。

2019/06/21
7月7日をもちまして創立20周年を迎えます

弊社は本年7月7日をもちまして創立20周年を迎えます。これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心より厚く御礼申し上げます。


インターネットに無限の可能性を感じ、インターネットの素晴らしさを世の中に伝えたい、広めたいと勢いだけで会社を設立したものの、当時はホームページですら珍しかった時代。

「ブログ」「CMS」「WEBアプリケーション」という言葉もなく、インターネットとは、WEBとは何かをお客様にご説明するだけでも一苦労。

・・・20年前を振り返ると、女性の起業はまだまだ珍しい時代でした。

オフィスひとつ借りるのも、オフィス機器ひとつリース契約することも、たった1泊の出張に出かけることすら「女性であること」「仕事と家事の両立」「子育てしながら」の壁がなんと厚く高かったことでしょう。


苦しい時、悲しい時、辛い時もいっぱいありました。


しかしながら、WEBサイトの構築や、WEBアプリケーションの開発や運用サポート等の事業に特化した会社を20年間継続することができたのは、一緒に支えてくれた社員スタッフたちの多大な協力があってこそ。自慢の社員スタッフはウェブクリエイティブの宝です。


時代は令和となり21年目の今年は、大阪の事業を無事にスタートさせることができました。決意も新たに、これまで培ってきた知識・経験・スキル・ノウハウを活かし、お客様の問題・課題解決に貢献できますよう尚一層尽力していく所存です。


2019/05/09
ウェブクリ通信vol.88号発行しました
IT補助金2019


今月号は5月27日より公募がはじまる「IT補助金2019」についてご案内しております。

「この記事を書いた人」はWeb解析士&個人情報保護体制第3者認定機関JAPHC認定審査員の山田隆司です。

今年度の傾向・予測として、昨年に比べ、採択予定数が非常に少ないと言われており
(2018年採択実績 62,893件 → 2019年採択予定 6,000件)
一般に1次公募より2次公募の方が採択率が低いことから、できる限り1次公募の申請に間に合うようお早めの準備をお願いいたします。



--------------------------------------
IT導入補助金2019年度のスケジュール(補助上限額450万円)
・1次公募/5月27日(月)開始
・交付決定日/7月中旬
・事業実施期間/交付決定から5ヶ月を予定
 

2019/04/01
新元号「令和」発表の日。新入社員を迎えて

今年もおかげさまで、新入社員1名を迎えることができました。地方や中小企業などでは採用難が大きな問題として伝えられる中、ウェブクリエイティブを選んで頂けたことは有難いことと心から感謝しております。

今年の新入社員(女子)は初の県外からの新卒。本人ももちろん緊張していると思いますが、迎える側も緊張感が高まります。

インターン時代より「やらず嫌いは大嫌い」を明言している彼女。
自身の大学の専攻科目と、弊社の企業内留学制度『Open WEB Factory』課程を両立して意欲的に学び、見事に修了した彼女のこれからの活躍が楽しみな今日この頃です。

2019/03/05
ウェブクリ通信のデザイン・内容を一新しました。

最初の発行より7年間続いている「ウェブクリ通信」のデザイン、内容を一新しました。

これまでは社内で起こった身近なニュースを中心に、親しみやすい内容をお伝えしようと心がけてきましたが、8年目にして路線変更。
目まぐるしく変わるITを取り巻く環境の変化に乗り遅れないための「経営者が知りたい、今現場で起こっているリアル」を記事にしてお伝えします。

「この記事を書いた人」は弊社のWEB顧問®の水畑(上級解析士)。自社のホームページもリニューアル作業中ですが、新しいサイトでは「自社メディア化」し、読み物として発信していく予定です。