Security

情報セキュリティに対する取り組み

Webcreative JAPHICマーク取得企業です

お客様からお預かりした情報資産への不正アクセスまたはその破壊・漏洩等のリスクに対しては、
合理的な安全対策を講じ事業の実情に合致した経営資源を注入し情報セキュリティ体制を継続的に向上させます。

JAPHICマーク制度に則った情報セキュリティ基本方針を策定し、情報セキュリティを確立し、
運用、監視、レビュー、維持、改善を行い、安全かつ適正な情報セキュリティ対策を実施します。

当ウェブサイトに入力頂きましたお客様の個人情報を保護するために暗号化通信「SSL技術」(SecureSocketsLayer)を使用しています。

(SSL対応ブラウザが必要です。SSL対応ブラウザでも、設定によりSSLが利用できない場合や、接続環境によりSSL通信ができない場合があります。)

JAPHICマーク取得

JAPHIC(第三者認証制度)の
取得

個人情報取扱事業者として情報を適切に管理していることを証明する『第三者認証制度JAPHICマーク』を取得。社内に認定審査員が1名在籍。

監視カメラ設置

監視カメラによる
24時間体制の録画監視

カメラで社外からの物理的な侵入を24時間体制で録画保存。万が一の緊急事態に備えて、物理的な盗難を常時監視。

サーバラック完備

サーバラック施錠による
社内サーバ管理

社内サーバ、基幹システムは全てサーバラックに収納。特定の社内ネットワーク管理者が厳重に保守管理。

ICカード

複合機利用管理システム導入

社員ごとにICカードを配布し、部外者による複合機の利用を制限。出力時にICカード認証が必要で紙資料の紛失・盗難を未然に防ぐ。

入退室管理

入退室管理システム導入

出入口の認証システムで入退室記録をログとして保存。不正侵入通知時には警備員が現場確認に直行する。

ファイアウォール設置

社内ネットワークへの
通信監視システム導入

外部からの不正アクセス、内部からの情報流出を未然に防ぐため全ての通信はファイアウォールを経由して常時監視。